信用情報の不安を解決

ブラックリストというのは何らかの金融事故を起こしたことのある人のデータが個人信用情報上に記録されている状況をいいます。
カードローンを利用する中で、1度や2度延滞を起こしただけで即刻ブラックリスト入りするわけではありません。
延滞が明らかになった時点ですぐに遅延損害金を含めた返済を行えばさほど問題にはなりません。

ただし信用情報に記録は残されます。
後日また延滞が繰り返されるようなら、その人の信用に対する評価はどんどん下がっていき、最終的にブラック候補となる可能性もあります。
ブラック入りするケースとしては自己破産や債務整理をはじめとする金融事故歴が原因です。
これらの記録は数年間個人信用情報機関に残り、金融機関内で共有され審査などに使用されます。

もし新たなカードローンに申し込みをしようと思っても、ブラックリストに名前がある場合、審査通過できる可能性はきわめて低いものとなります。
利用者の信用第一に融資を行うカードローンですから、過去に金融事故を起こした人にお金を貸し渋るのは当然です。
ブラックリストの人が借入を希望するなら、事故情報が一定期間を経て信用情報上から消滅するまで待つ必要があります。
個人信用情報は本人による開示請求も可能なので、不安な場合は一度確認してみることをおすすめします。
ブラック情報が消える時期が明らかになれば、いつ審査申し込みを行えばよいのか見通しがつきやすくなります。
ブラック入りしてどこからも借りられないという人を狙った闇金業者も少なくありませんが、こういった悪徳業者に引っかからないようにくれぐれも注意が必要です。
「ブラックでもOK」「審査ナシで借りられる」「審査が甘い」といったフレーズには要注意です。
どうしてもお金が必要なのにブラックだから審査落ちしてしまう、という悩みを持つ人の心理を巧みについた勧誘を行いますが、そんな上手い話はあり得ません。
必ず落とし穴があるということを肝に銘じておきましょう。

このページの先頭へ