事前に知って安心!メリットデメリット

カードローンの主なメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 使途自由&担保・保証人不要 借りたお金の使い道は事業性資金以外であれば基本的に自由です。 住宅ローンをはじめとする担保型ローンと異なり担保も保証人も必要ないので、手軽に申込みしやすくなっています。
  • 収入があれば誰でも利用可能 年齢条件を満たし安定した収入があれば、パートやアルバイトの人でも申し込みできます。 銀行では自身が無収入の専業主婦でも借り入れできるカードローンがあります。
  • 簡単申込&スピード審査 郵送や来店など多様な申込方法の中でもおすすめはインターネット申込や自動契約機による申込です。 必要項目を入力するだけで簡単に申込み手続きが可能な上に審査が大変スピーディなことが特徴で、最短で即日融資も可能です。
  • 一度の審査で何度でも借入可能 最初の申込審査に通過すれば、契約後は借入限度額の範囲内で繰り返しキャッシングできます。
  • 多彩な借入方法 ネットキャッシングやATM出金など、都合に合わせてその都度キャッシング方法を選べます。
  • 返済もラクラク 月々の返済額も少額から可能なので、自分のペースで返済できます。口座引落としやATM入金など、多様な返済方法が選択できます。
一方デメリットは次のようになっています。
  • 担保型にくらべて金利が高め 金利は借入限度額によって異なり、限度額が小さいほど金利は高くなってしまいます。 銀行カードローンと比較すると消費者金融や信販会社のカードローンはやや低金利の設定となっています。 また無利息サービスなどお得に借りられる方法もあります。
  • 年収による規制がある 総量規制の対象となる消費者金融や信販系では、総額が年収の1/3を超える借入は不可となっています。 銀行カードローンは総量規制は適用されません。
  • 借りすぎや多重債務のリスク 手軽に借りられるとあって、つい借入を繰り返しがちです。 借りた分を返せないうちに新たな借入を重ねてしまい返済不能に陥る危険も忘れてはいけません。 以上のようなポイントを踏まえてカードローンを利用することで、賢くお得にキャッシングすることができます。

このページの先頭へ